動き回る不動産屋が行く 

お笑いライブ

犬山城のイベントで、8日(水)吉本の若手芸人さんたちのライブに誘っていただきました。普段テレビに出る人たちでは無いですが、夢を追いかけ必死にやっている姿はとても感動的でした。9組の方たちが芸歴の浅い順に舞台に上がり、場の雰囲気を作り、盛り上げるのはさすがでした。また、会場に設置された椅子などを芸人さんたちで用意し、片付けていました。普段は生計を立てるため、人力車を引いているそうな。初めて見る人たちばかりでしたが、全員がどこか自身の知人に似ている気になったのも、夢を追いかける姿が、いつかの誰かに被ったのだと感じ、とてもパワーを貰いました。みんな有名になれると良いと思いますが、それよりも、年齢や何かの理由に関係なく、いつまでも夢を持ち続けて欲しいと感じました。

 

                                        柴田

新築件数の減少

新築着工件数が減少しているそうな。あまりそんな気はしませんが、人口の減少を考えると当然の数字のような気がします。傍ら空き家が問題となっていますが、条件の良い中古戸建や、丁寧に使用されている中古戸建は需要があり、空き家にならず、新築を検討している方々も視野にいれている気がします。将来どうなるか?不安から、予測して迷われる方がいますが、どうなるか?何が出来てくるか?ではななく、将来でも残っているものは何だろう?と考えるのが良いと思います。良いものは必ず残る。そんな風に考えると良いのではないかと思います。

 

                                         柴田

田園住居地域

平成29年4月に都市計画法が改正され、新たに13番目の用途地域として、田園住居地域が設けられました。平成30年4月に都市計画法上の新たな規制の仕組みとして導入されます。現行法上は、市街化区域では、生産緑地を除き、宅地化を規制する定めはありませんが、田園住居地域では、住居としての利用と農地としての利用の均衡を図ることを目的として、地域内の農地(耕作の目的に供される土地)について、土地の形質の変更、建築物の建築その他工作物の建設または土石その他の政令で定める物件の堆積を行おうとする者は、市町村長の許可を受けなければならないものとされます(都市計画法52条1項本文)。

阪神タイガース、オープン戦6連敗

阪神タイガースがオープン戦6連敗を喫した・・・オープン戦なので、勝つことを目的としていないとは言え、あまり気分の良いものではない・・・そうかと言って、勝ってばかりでもペナントレースが始まると急に勝てなくなりそうだし・・・新戦力が活躍して、少し勝ち越す!なんてのが良いのだけれど・・・                 

                                        柴田

しゃちほこ

 昨年の7月に落雷で損壊した国宝・犬山城のシャチホコが復元され、天守への取り付けがされました。

 姫路城などの修理を手掛けた奈良県生駒市の会社が、うろこ一つ一つを手彫りするなど、江戸時代のものを忠実に復元したとのことです。

 毎月1日に東隣の針綱神社に参詣している私としては、再び美しい犬山城を眺めることができることは嬉しい限りです^^

また、犬山市の方々や観光に訪れるお客様にとっても明るい話題になるかと思います。

全国で唯一の干支の「犬」が付く市ですから、今年も大いに賑わうことを願っております!

                                          後藤

冬季オリンピック

約二週間に渡って開催された冬季オリンピックが閉会してしまいます。テレビに噛り付いて見ていられなかったけど、何か終わると寂しい気がしてきます。出場した選手の皆さんは基より、関係者、親族の方の隠れた努力に感謝します。自身も感動を与えられるよう、日々精進して行こうと考えさせられました。                                柴田

親孝行?

 先日の22日、両親とバスツアーを利用して、長野県駒ヶ根市に「いちご狩り&豚しゃぶ食べ放題ツアー」に行って参りました。

 両親は、年に数回ツアーを利用して旅行を楽しんでいますが、私はツアー初参加です(笑)。地元の可児市・多治見市からの参加であり、和やかな雰囲気で出発しました。

 イチゴは「章姫」「やよい姫」「紅ほっぺ」を満喫してきました♪意外と食べれない^^;でも美味しさに感謝!続いて「豚しゃぶ」・・こちらも直ぐにお腹一杯!!両親と妻の4人で楽しみながら食事ができました。 その後は寒天工場、ドーナツ工場を見学して帰路につきました。

 自己満足ですが(笑)、少しは親孝行ができたかな?と思っています。

元気に一緒に行ってくれた両親、そして私の両親を気遣い笑顔を絶やさない妻に感謝できた一日でした^^

また機会があれば一緒に出掛けたいです!

                                          後藤

花粉の季節!!

花粉が飛び始めたと世間では言い出しましたが、大変敏感でかなりレスポンスの良い私は、既に一月の中旬から感じていました・・・この花粉が飛んでいることを・・・だからと言って何の徳もないので悲しいですが、この敏感さを他で活かせたら、とても役に立つと毎年思いながら、五月頃まで耐え忍びます。                                  柴田

不動産取得税(住宅用土地を取得した時の軽減)③

 住宅用の土地を取得した場合も税額の軽減が受けられますが、必要用件があります。

【新築住宅用の土地】

 ①土地を取得した日から3年以内に、当該土地に住宅が新築された場合

 ②住宅が新築されてから1年以内に、その住宅(新地未使用)とその土地を取得した場合

 ③土地の取得者が、その土地を取得した日前1年以内に、当該土地の上に住宅を新築していた場合

 

【中古住宅用の土地】

 ①土地の取得者が、当該土地を取得した日から前後1年以内に、土地の上にある自己居住用の中古住宅を取得した場合

 

【軽減される額】

 次のAとBいずれか多い額が軽減されます。

 A:45,000円

 B:土地1㎡当たりの価格 ✖ 住宅の床面積の2倍 ✖ 3%

              (200㎡が限度)

 

また災害(地震・火災・風水害等)により滅失または損壊した不動産に代わる不動産を3年以内に取得した場合、または取得した不動産に係る不動産取得税の納期限以前にその不動産が災害により滅失または損壊した場合には、申請により不動産の滅失または損壊した部分の価格に税率を乗じた額が減免されます。

税金の事は難しいことが多いです><。分からない事が御座いましたら、気軽にお尋ね頂ければ嬉しく思います。(電話・メール等でご相談を賜ります^^)

                                          後藤

可児市シティマラソンへ参加

可児市シティマラソンへ参加させてもらいました。と言っても、少年野球の引率で、一緒に走っただけなのですが・・・花フェスタ記念公園内を約3キロ。昨年も参加させてもらったので、勝手はわかっていた筈なのですが、普段の運動不足がたたって、さすがに疲れました。来年は楽に走れるよう、鍛えなおそうと思います。

                                     柴田

不動産取得税(住宅を取得した時の軽減)②

一定の要件を満たす住宅を取得した場合には、課税標準額の控除が受けられます。

 

【新築住宅の場合】 控除額1200万円

 ・床面積50㎡以上240㎡以下

  *新築住宅には未使用新築住宅(建売住宅等)も含まれます。

 

【中古住宅の場合】 新築年月日により控除額が違います(1200万円~100万円)

 ・床面積50㎡以上240以下の中古住宅で、次のいずれかに該当する住宅を個人が取得して、

  自己の居住の用に使用する場合

  ①昭和57年1月1日以後に新築されたもの

  ②新耐震基準に適合していることの証明されたもの

 

【住宅に対する税額計算】

 (住宅の価格ー控除額)✖ 3% = 税額

 

次回は、よくご相談を受ける住宅用土地を取得した時の軽減についてお伝えさせて頂きます。

                                          後藤

 

都市再生特別措置法の一部を改正する法律案

都市再生特別措置法の一部を改正する法律案が閣議決定されました。空き家対策がいろいろ出てきますが、今回の法律改正もその一環です。今回の改正では、主に都市の中心市街地、駅前などの利便性の高いエリアで発生している空き地・空き家対策です。都市の内部で空き地・空き家がランダムに発生することを「都市のスポンジ化」と呼んでいます。スポンジ化がおこることにより、地域の一体開発が進まず、魅力のない何もできない街になっていってしまいます。これを解消しよういうのが「都市再生特別措置法の一部改正」です。ランダムに発生する空き地・空き家の所有者の特定に市町村の持つ固定資産課税情報も利用でいるようになります。また、「立地誘導促進協定」制度の創設により公共施設の使い方の変更や民間団体による空き地・空き家の利活用が図れるようになります。東京への一極集中が止まりません。名古屋にリニアがきて東京と愛知が45分で結ばれる時愛知に魅力ある街並みができていないと東京から人を連れてくるどころか、逆に人口減少が加速してしまいます。地方の都市間競争もおなじことで、魅力の無い街から魅力のある街へ人は動いていきます。あなたの住む街を魅力ある街にするため何ができるかを考えるときですね

 

 

不動産取得税①(概要)

 不動産取得税は、土地や建物を購入したり、建物を建築するなど不動産を取得した時に課税される税金です。取得原因、有償・無償、登記の有無に関係なく、取得した人に対して1回だけ課税される県の税金です。

 税率は下記の通りとなります。

 土地:3%

 住宅:3%

 住宅以外の建物:4%

 課税標準額 (不動産の価格) ☓  税率  =  税額

不動産の価格とは、購入価格とは関係なく、市町村の固定資産課税台帳に登録されている価格(固定資産評価額)となります。

但し今年の3月末までは、取得した土地の評価額を2分の1とする特例措置があります。

次回は、軽減についてお伝えさせて頂きます。

                                                後藤

 

人の成長

昨日、仲間で禊に行ってきました。自身は数回行っておりますが、初めての人が多く終わった後、みんな清々しい雰囲気で、一皮むけた感じがあり人の成長を見た感じがしました。ただ、実際成長ってなんだろうと考えると、身長体重等や知識を連想する人もいれば、心、精神面を思う人もいるかと思います。自身の年齢なると、正直、心や精神面を連想します。では、心、精神面の成長って何?どうやって成長するのか?一番受け入れられないこと、腹の立つことを、受け入れ笑うことと思います。自身が若い頃、身の回りの大人が、大人とはこういうものだと定義づけして、先輩風で言われたことは、若かった自身には、苦痛や、嫌なことから目をそむけ、耳をふさぎ、逃げてきた腰抜けの話にしか思えず、心の中で馬鹿にしておりましたが、最近その言葉のお蔭で、奮起したり、反骨心が鍛えられたことに気づき、ようやく受け入られるようになってきた気がします。そう考えると、少しは成長したのかな(笑)???って、思えました。             柴田

川辺町にて

本日は、高山本線「中川辺」駅周辺を動き回りました。

突然のアポなし訪問にもかかわらず、会話して下さった暖かい街の人々に感謝いたします。

酒屋さん、電気屋さん、和菓子屋さんに呉服屋さん、人生の先輩方が元気に働いてらっしゃいました。お客様があふれるほど来店しているわけではありませんが、常連の近所の方がみえて、いろいろな話をなさっている姿や、ご近所同士気にしあっている情景をみて、この地域は生きているなと感じました。

また、若い人が都会に出てしまって、自分たちが旅立ってしまった後の自宅の心配もされている方々も多いようです。そのような相談が来た場合は、どう自分が役に立てるのか、考えています。

                                       松山

懇親会

 久しぶりに愉快な仲間たちと和気あいあいと楽しく有意義な時間を過ごさせて頂きました^^

 昨年の12月より「お疲れ様会」を開催しようしましたが、繁忙期で実現せず、本日「新年会&懇親会」を開催することができました。

 普段の仕事から人間性、考え方、物事への取り組み姿勢など共感する事が多く、また多くを学ばせて頂いている仲間でもあります!

それぞれが違う専門職ではありますが、「ひと様のために何ができるのか?」を合言葉に日々業務に邁進させて頂いております。

 心から「愉快な仲間たちに」ありがとう!!

                                           後藤

 

「空き家大国ニッポン」のゾッとする近未来

「空き家大国ニッポン」のゾッとする近未来

ネットの書籍紹介ニュースに面白い記事がありましたので

ご紹介させていただきます。

 

 

「空き家大国ニッポン」のゾッとする近未来?首都圏でさえこの惨状…

 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51118

 

紹介されている本は

「老いる家 崩れる家」住宅過剰供給の末路

野澤千絵著 講談社現代新書 821

 

4月から始まる改正宅建業法の施行も、

増え続ける空家の解消を目指したものですが、

 

何故ここまで空き家が増えてしまったのか、

その理由をきっちり抑えておくことはとても重要です。

 

この記事の中で紹介している大きな点は2

 

1、高度経済成長に始まる無計画な市街化

 

都市計画の中では市街化区域と市街化調整区域を設け

計画的に都市化を図るはずでした。

ところが行政の思惑、政治家の圧力等で、

本来市街化を抑制する予定の地域も調整区域の枠を外して乱開発し

住宅戸数がそこに住む住民の数以上になってしまいました。

 

そして、その現実に目を背けるように新築住宅が増え続けています。

 

2、高齢化

 

人口増の時代から人口減少の時代に流れは変わりました。

30代で郊外のベットタウンに家を買った人たちが60代、70

となって高齢化が進んでいます。

若い世代が同居していればまだしも、多くが年老いた老夫婦世帯

若しくはその予備軍です。

 

また、町の人口が減っていくからと様々な施策を打って人口を

増やしている町があります。

しかし、その中を見て見ると、人口は確かに増えたが増えたのは

「若者ではなく高齢だった」

結果、税収が増えるより福祉の費用が増えてしまった。

 

都市計画の見直しを行い、人口と将来の姿をイメージした町づくり

「市街化適正化計画」も市町村によっては策定が進んでいますが、

空き家を増やさない為に、家を建てるという入り口の部分から

考えることはとても重要です。

 

 

よろしければ、購入して読んでみて下さい

 

                                     柴田

安心R住宅

既存住宅の流通促進に向けて、「不安」「汚い」「わからない」といった従来のいわゆる「中古住宅」のマイナスイメージを払拭し、「住みたい」「買いたい」既存住宅を選択できる環境の整備を図るため、国土交通省の告示による「安心R住宅」制度(特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度)が創設されました(告示公布平成29年11月6日・施行平成29年12月1日)。

インスペクションや耐震基準をクリアする必要がありますが、4月から認定されたものが流通を開始しますので、「R」をかたどったロゴを春には目にすることになりますので、探してみて下さい。                                              松山

住居表示

 お住いの土地建物の登記上の地番と住所が違うことがあります。

昭和37年5月に住所を分かりやすくするための法律「住居表示に関する法律」が施行されました。

従来は(今でも地域によってはあります)、「〇〇市△△町̻◇◇番地☆☆」というような町名と土地の地番で表していました。(地番=住所)地番は土地に付けられた番号であり、土地の分筆や合筆の都度、枝番がついたり飛び番や欠番になります。長年の間に土地の地番は住宅の並びと一致しなくなり、分かり難くなったために緊急車両の到着が遅延したり、郵便配達が遅れる懸念が出てきました。

新たに住居表示として、「〇〇市△△町(△丁目)◇番☆号」となりました(地番=住所ではなくなりました)

しかし、地番が土地の場所や権利の範囲を表す登記上の番号であることに変わりはありません。住居表示が実施された地域でも、登記上は地番で表示されます。

ちなみに、岐阜市、各務原市などは住居表示の地域は多いですが、可児市、美濃加茂市、多治見市などは、まだまだ少ないです。

                                          後藤

空家等の売買又は交換の媒介における特例

国は、空き家の解消に向けて様々な施策を行っています。4月から始まるインスペクションの告知もその一つです。

 

平成3011日から物件価格が400万円以下の空き家の仲介を行う際、

手数料とは別に調査費用をもらうことできるようになりました。

 

仲介料は物件価格が400万円の場合

200万円×5%=100,000

200万円を超え400万円以下×4=80,000円 合計180,000+消費税

となります。

 

128日の国土交通省の告知で400万円を下回る物件ついては

調査費用を売主に対し請求することができ、

調査費込みで最高180,000円を受けとることができるようになりました。

 

                                      柴田

節分の想いで

節分の夕食が恵方巻になって、我が家でも数年になります。

今年の方角はTVの置いてある方向なので、TVを見ながら無言で、家族6人でいただきました。

もちろん、私が子供のころには恵方巻の習慣はありませんでした。

節分といえば豆まきですが、当時、父の勤める会社の10世帯くらいの社宅に住んでいましたので、その各家々を回って、豆と一緒にお菓子もまいてもらい、拾って歩くという子供たちの一大イベントの日という思い出があります。

懐かしくも思いますし、恵方巻のことも将来、子供たちが思い出として懐かしんでくれることを願います。                                       松山

フラット金利

 久しぶりに少し堅いお話になります(笑)

フラット35・フラット20の金利が2か月連続で上昇しました!

 フラット35:1.36%→1.40%(機構団信付き)

 フラット20:1.30%→1.32%(機構団信付き)

トランプ大統領の誕生から米国の利上げ発表、最近の株高傾向の割には金利が低いと感じる方もいると思います。フラットの金利は2016年の夏頃より上昇傾向でしたが、昨年から安定推移しています。要因は、日銀が長期金利の水準を「0%前後」になるよう管理しているからです。

 しかしフラットの金利は長期金利ではなく、貸出をしている住宅金融機構が発行する債権「機構債」により決定されます。(連動はしますが・・・)

 子難しい事を並べましたが(笑)、長期金利が安定している以上、機構債の金利も安定するため、フラットの金利も大きく上昇することはないと考えられます。

消費税の問題はありますが、金利上昇の心配がなく、ゆとりを持って物件探し・物件選びをして頂ければと思います。

                                               後藤

大相撲理事選挙

大相撲の理事選挙の立候補者が、11名になったので、選挙が行われることになったらしい。無論投票権は団体所属の人しかないので、自身には関係が無いのだが、いろいろな問題が起こる中で、世間から悪い印象で捉えられてしまう出来事が多いようなきがする。おそらく、誰が悪いとかが問題では無く、組織の体質に問題があると言われてるが、どうなんだろう?いっそ、選挙権がある人を増やし、一般の人や、近い人たちにも与え、世間との乖離を減らしていくこが大切なのではないだろうか?そういった点で、今回、あらゆる問題直後の選挙は、大変意味があると思う。相撲ファンのため、皆で頑張って欲しい。                          柴田

防犯フィルム

住まい管理支援機構様の研修会に参加しました。

研修には住まいに関する多種多様な業種の方が参加されていて、研修の一環として、事業紹介がされます。これが毎回楽しみです。

今回は防犯の対策をしている会社様の紹介がありました。

中古住宅を販売するの多い私達も防犯対策は良く相談を受けることなので、参考になりました。

例えば泥棒の侵入口になる「窓」。新たにサッシを入れ替えたり、防犯ガラスにするのはコストもかかり大変です。その代用として、防犯フィルムを貼る効果の説明がありました。

フィルムが貼ってあるだけで、割るのに時間がかかるため、泥棒に嫌われるのです。しかも標準的な家で、10万円前後で全部の窓を施工可能だそうです。さらに地震などの際も、割れても破片が飛び散りにくく、災害対策にもなるそうです。

防犯カメラも性能も、コスパもドンドン進んでいます。車のドライブレコーダーとともに、人気商品だそうです。早速、お客様に勧めていこうと思いました。                松山

 

ホワイトサイクロン

 ネットニュースで知っている方も多いと思いますが、昨日の28日、ナガシマスパーランドの木製ジェットコースター「ホワイトサイクロン」が営業を終了しました。

 20年以上前の学生時代に初めて見た時に、真っ白に塗装され、ラクダの背中のようなアップダウンの美しい外観に驚かされた記憶が残っています。

 学生時代や社会人なりたての頃を懐かしく思い出すとともに、何事にも恐れずに挑戦していた気持ちを思い起こさせてくれました。度々乗ったこともあり寂しさもありますが、昔の気持ちを思い起こしてくれた事に感謝と嬉しい気持ちになりました。

延べ2200万人の想い出をありがとう!また来春、木と鋼鉄を組み合わせた「ハイブリッドコースター」を期待しています。

                                           後藤

結婚式へ参加させてもらいました

昨日知人の結婚式へ参加させてもらいました。数年ぶりなのですが、最近の結婚式、披露宴の演出は随分凝っているなぁと感心致しました。映像を多くことは数年前からあると思のですが、その内容、品質の高さ。新郎新婦が席を外した時の気配り等、とても楽しい会でした。自分の知らないところで、いろいろな物が進化していることを感じました。                  柴田

仮想通貨

話題のビットコインが流出して、多くの被害が出ているようです。

仮想通貨はとても便利で、きっと将来的には今よりも多くの人々が使うようになるシステムだとは思います。

ですが、今、ビットコインに大金を出している方のほとんどが投資目的で、今は使うことよりも値上がりを期待しているようです。ですので、今回のような事件で被害者になるリスクは考えてはいるのでしょうが、現実になるとショックだろうな、と思います。

リスクを冒さなければハイリターンは望めないのでしょうが、生活に支障のないレベルで挑戦して欲しいものです。

少額でもすぐに生活に支障が出てしまう私は、挑戦する気はありませんが、いつしかビットコインで不動産を売買するのが普通になるかもしれませんので、勉強だけはしておこうと思います。   

                                     松山

西日本新聞の朝刊コラムから感じたこと!(以下、2件とも抜粋)

①『元気な若い店主の声が響く、こだわりのスープが売り物のラーメン店。ラーメンを注文した客の携帯電話が鳴った。込み入った内容らしく話しながら店外へ。出来上がったラーメンが席に置かれたが、なかなか戻ってこない。しばらくして席に着いた客がラーメンに手を伸ばそうとした。その時、店主はさっとラーメンの器を引いて、湯気の立つ作りたてに取り換えた。驚く客に「お客さんに、冷めたラーメンは食べさせられませんから」。「2杯分の料金を」との申し出を固辞した店主。そのTシャツの背中に書かれた文字に目が留まった。「一杯入魂」。なるほど、この店のラーメンがうまい理由が分かった』

②『ある路線バス。停留所に止まるたび、運転手が車内アナウンスを繰り返す。「週末の金曜日です。1週間、お疲れさまでした」。お年寄りには「寒いですから気を付けて」「自転車にご注意ください」。あえて言えば「一停入魂」か。学生たちが「ありがとうございました」と笑顔で降りていった。外の風は冷たいが、車内は何だかポカポカと』

 仕事は違うが、心を込めた最高のサービス!心からお客様を思いやり、自然とお客様の立場になっての言動。人生に一度しかない晴れの日に、どこぞに雲隠れした会社の会見があった日に心温まるコラムを読み、心が清々しくなりました。

                                          後藤

大雪

大雪が降りました。たまの事なので少し大変ですが、幻想的でなぜか、わくわくしてきます。自身の人生において大雪は思い出が深く、結婚式の時、子供が産まれた日も大雪でした。いずれも、おめでたい日に大雪が降るので、晴れ男ならぬ、雪男?と自称していますが、今回は特におめでたいことはありませんでした(笑)残念・・・                         柴田

痛風

昨日の朝から違和感がありました左足の甲が腫れ、痛みが出てきました。

親指の関節付近ではないので、そうでないで欲しいと思っていましたが、今日、お医者様に行きましたら、やはり痛風でした。

元々、尿酸値が高いので、アルコールや食べ物には気を付けていましたが、寒さのため、水分補給を怠ることが最近多く、症状が出てしまいました。

痛み止めやシップで痛みも和らいでいますが、靴を履いて歩くのは辛く、犬の散歩にも行けませんでした。

2カ月前の健康診断でも数値の高さは自覚していましたのに、それを活かせず、恥ずかしいばかりです。食事や飲酒に気を付け、適度な運動を心掛け、水分を十分に取り、二度とこの痛みを味合わなくてもいいように生活していきます。

とりあえず、1週間前後は、罰ですので、痛みを抱えて生きていきます。

                                       松山

大雪

 先週より、今日から日本列島に寒気が停滞し寒くなるとテレビで聞いていたが・・・関東地域は交通渋滞どころかマヒ状態。

 私が子供の頃(35年前)は、雪が降り積もることは当たり前の景色でした。学校の玄関に雪ダルマを作り、体育の授業は雪合戦だったと記憶しています。今では東京に降った雪が「大雪」と表現されることに少し違和感を感じました。温暖化のため降雪することが珍しい時代のため仕方ないのかな?とも思います。

 ニュースを見ていて、前日からホテルを予約した方、普段より1時間以上早く家を出た方など事前に準備された方々、反面・・残念なことに雪用タイヤの装着がされていない車両もありました・

 改めて、仕事はもちろん、プライベートや何らかの行動する時は、事前準備が重要かと再認識をさせて頂きました。

まだ明日以降も寒くなると聞いておりますので、ご自愛をされてくださいね!

                                          後藤

挑戦し続ける事

日々の仕事、子供の野球等を見て思うのだが、何時から人は、ある目標を達成すると、一段落するようになったのか?一段落した瞬間から、その人の停滞が始まることがわからないのだろうか?より高い水準の人は回りに沢山いる。回りにいなくても日本中、世界中を探せばどれだけでもいる。あくなき挑戦をし続けてこそ、幸せな人生になると思う。大人たちも子供達を見て、挑戦し続ける気持ち、姿勢を今一度学ばなくてはならないと思う。                  柴田

野菜の高騰

先日、仕事帰りに友人とスーパーに立ち寄りました。

趣味と、愛犬との生活のため、仕事場に寝泊まりすることの多い彼の自炊用食材の買い出しでした。

生鮮食品の安さで有名な人気店でしたが、驚いたのが野菜の高さ、大根356円など例年の倍の商品も珍しくないようです。

これまで、あまり買い物をしてこなかったのか、友人は気にせずにカゴに入れていましたが、嫁さんがいたら、きっとストップがかかるだろうと思っていました。

野菜は天候に生産がされやすく、またお米のように田植えから収穫まで機械化されてはいないことから、安定供給が難しく、高騰しやすいそうです。

温度調節のできる大型のハウスや機械化で改善は進んではいるようですが、対応の難しい野菜もあるようです。この冬は、もうしばらく辛抱が必要なようですが、そんな中、野菜を丹精込めて作ってくれている農家の皆様に感謝して、おいしくいただきたいと思います。

                                       松山

22億

 22億??とある女芸人さんではないですが(笑)本日は名古屋市内にて仕事を終わらせて、JR名古屋高島屋に行って参りました。

ピンときた方もいるかと思いますが、毎年恒例の「アムール・デュ・ショコラ」です。

22億は、昨年の同イベントの売上金額です。26日間のイベントで22億円(単純計算で一日8,400百万円)さすがバレンタインイベント日本一!!

 初日とあって会場には、若いカップルや女性、マダムの方々、有名なショコラティエ、テレビ局と大いに賑わっておりました。

店員さんの接客態度、知識の深さ、表情のどれを見ても素晴らしく、自信を持って心から勧めていると感じました。またお客様である女性の方々もキラッキラッした瞳で、いろいろな想いを持たれて購入されていると感じました。

 イベントを見て、元気が湧いてくるとともに、自身ももっともっと自信を持ってお客様と接し、満足度を高めていきたいと決意致しました。(日本はまだまだ元気だ!)

                                          後藤

子供の誕生日

子供の誕生日会をしました。と言っても、本当の誕生日は明日19日。たまたま、自身が明日用事でいないため、前倒しでやりました(笑) 元気で明るいことが取り柄の息子ですが、今年も大喜びで過ごしてくれました。これからも、この調子ですくすく成長してくれることを願っております。

 

                                        柴田

娘に感謝

受験生である娘が半年くらい前から、晩御飯のまわしをしてくれています。

早い時期から夢を追うタイプの、あまり学力は必要ない学校に進路を決めた娘は、私たち親に負担をかけることが分かっていて、感謝の気持ちとして、母親が仕事の平日は、ご飯を作ってくれているのだと、勝手に思っています。

中学生の料理なのですが、最初はレシピをみたり、調味料の分量を量っていましたが、段々と家族が好む味を感覚で作るまでに成長してきました。

同じ材料を使っても、切って、混ぜて、焼いての私の料理とは一味も二味も違っています。

妻も私も助かっていますので、娘にはとても感謝はしています。

ただ、洗い物が、私たちが料理する何倍も出て、それを洗うまではやってくれないので、後片付けは大変です。

                                       松山

農地転用許可後の事業計画変更

 農地転用許可後に下記の事由に該当する場合は、事業計画変更の申請が必要となります。(場合によっては再申請を要することもあります)

①許可に係る目的を達成することが困難となり、当該事業計画を変更しようとする場合。

②当該転用者に代わって、他の事業者に当該事業を継承する場合(事業目的を変更して継承する場合も含む)

③事業目的を変更しないが、事業計画区域の拡大(縮小)をする場合。

④施設設置のレイアウトの変更等で、農地転用許可基準上の判断を改めて行う必要がある場合。

 過去に農地転用許可(一般的に多いのは住宅建築計画)を取得したが、そのまま放置となり、当該土地を売却する時は要注意です。昭和の時代に取得している場合、申請者が亡くなっていたり、計画規模・内容が変更になる可能性が高いからです。

農地転用(事業計画変更)は1ヶ月~2ヶ月の期間を要すため、計画にズレが生じる可能性が高いです。ご心配の場合は、市役所等で確認されることをお勧め致します。

                                           後藤

風邪か?

数年ぶりに風邪を引いた気がした。言い方がおかしいが、風邪自体は引いているのだろうが、乗り越えられない程の状況が久しぶりということだ。年齢のせいにはしたくないが、体力の衰えを感じる。少年おい易き学成り難し、という言葉もあるように、いつまでも若いと思わず、一瞬一瞬を大切に生きていかねばならない。                            柴田

センター試験

本日は大学センター試験の1日目です。

良く言われますが、センター試験の日は、雪が降ることが多いとの言葉どうり、今年も全国的に雪が

多く、交通に障害が出ています。

来年は息子が受験しますので、今から天候の心配を家族でしています。

センター試験も今後、廃止され、違う形になるようですが、このような心配を取り除いて、受験生が持てる力を発揮できる制度にしてほしいものです。

第1回のセンター試験を受けた身としては変わることは寂しいことですが。ちなみに最後の共通一次試験も受験しましたが。

                                       松山

 

太陽光発電

 平成29年度の太陽光発電の新規申請(経済産業省提出)は、本日で締め切りとなりました。

ご存知の方も多いと思いますが、売電価格は下記の通りです。

・平成29年度 10kw未満    ・平成29年度 10kw以上 21円

 出力制御対応機器なし 28円

 出力制御対応機器あり 30円

平成30年度は、2円~3円下がると予想されています。

 少し気が早いですが、更に来年は「太陽光発電2019年問題」と言われています。2009年より電力会社の買取がスタートし、来年から買取り義務が生じない設備が出てくるとの事です。安い価格で売電を続けるか、蓄電して自家消費をする選択肢が考えられます。

 急速に展開した太陽光発電、国の後押し(補助金など)もあって今ではどこに行ってもパネルを見ます。

将来、産業廃棄物にならないように何かに利用できないものか考えたいものだ^^;

                                               後藤

可児・美濃加茂・各務原・岐阜・関・犬山で動き回る不動産屋「土地の果実」

動き回る不動産屋「土地の果実

TEL: 0574-61-2746

FAX: 058-203-0739

営業時間:9:00~18:00

定休日:水曜日

お問合せはこちら